下手なとぼけ方「徒然草気まま読み」#147

Upload Date

Views

99

Comments

0

My Lists

1

This is a paid video.
Please purchase video after logging in.

Video Description

今回扱うのは、第九十段。
全文を紹介すると…

大納言法印のめしつかひし乙鶴丸、やすら殿といふ者を知りて、常にゆき通ひしに、ある時いでて歸り來(きた)るを、法印、「いづこへ行きつるぞ。」と問ひしかば、「やすら殿の許(がり)まかりて候。」といふ。「そのやすら殿は、男(をのこ)か法師か。」とまた問はれて、袖かき合せて、「いかゞ候らむ。頭をば見候はず。」と答へ申しき。などか頭ばかりの見えざりけむ。

この時代には同性愛に対して非常に大らかだったという文化を伝えている一段。

大納言法院というくらいの高い僧侶が、乙鶴丸という稚児を目にかけていた。
というか、はっきり言えばこの二人は男色の関係にあったわけだが、その乙鶴丸に、他に男が出来たらしく、しょっちゅう通っていくので、ある時大納言法院、そのことを問い質したら…

最後の兼好のツッコミも面白い。

Contributor Channel
Related Videos