日暮れて道遠し「徒然草気まま読み」#138

Upload Date

Views

93

Comments

0

My Lists

0

This is a paid video.
Please purchase video after logging in.

Video Description

今回扱うのは、第百十二段。
冒頭を紹介すると…

明日は遠國(ゑんごく)へ赴くべしと聞かむ人に、心しづかになすべからむわざをば、人いひかけてむや。俄の大事をも營み、切(せち)に歎くこともある人は、他の事を聞き入れず、人のうれへよろこびをも問はず。問はずとてなどやと恨むる人もなし。

人は世俗のことを軽視するわけにはいかないし、それから簡単に逃れることはできない。
しかし、人生は短い。これでは、一生を些事に囚われて終わることになってしまう。
では、どう考えればいいのか?
兼好法師が我が身と人生を振り返って言っているとしか思えない、荒々しい魂の叫びを聴こう!


Contributor Channel
Related Videos