「事を成し遂げるには」徒然草気まま読み#127

Upload Date

Views

125

Comments

0

My Lists

2

This is a paid video.
Please purchase video after logging in.

Video Description

今回扱うのは、第百八十八段。
冒頭を紹介すると…

ある者、子を法師になして、「學問して因果の理〔佛教の一教義、善因に善果、惡因に惡果ある理〕をも知り、説經などして世渡るたづき〔方法手段〕ともせよ。」といひければ、教のまゝに説經師にならむ爲に、まづ馬に乘りならひけり。

徒然草の中でも最も長文ではあるが、言いたいことは極めてシンプルで明快。
何か成し遂げたいことがあったら、回り道をしてはいけない、先送りにしてはいけない、やるなら今しかない! ということを、様々な例を出して説いている。
今やらなければならないことをやる、それ以外のことは思い切って捨てる。
それができる人が、事を成し遂げる人なのだ!

Contributor Channel
Related Videos
  • No related videos found