「大根の勇士」徒然草気まま読み#110

Upload Date

Views

77

Comments

25

My Lists

1

This is a paid video.
Please purchase video after logging in.

Video Description

今回扱うのは、第六十八段。
前半を紹介すると…

筑紫に、なにがしの押領使などいふやうなる者のありけるが、土大根(つちおおね)を萬にいみじき藥とて、朝ごとに二つづゝ燒きて食ひける事、年久しくなりぬ。ある時、館(たち)のうちに人もなかりける隙(ひま)をはかりて、敵襲ひ來りて圍み攻めけるに、館の内に兵(つわもの)二人出で来て、命を惜しまず戰ひて、皆追ひ返してけり。

徒然草には様々なタイプの話が含まれているが、中でもこれは一風変わった一段。
大根を万病に効く妙薬だとして、毎朝二本食べる人がいた。
これだけでも十分変な話だが、話はさらに思いがけない方向に転がっていく。
徒然草にはこんな「説話」のような話もある。
あまり紹介される機会のない珍しい話に、今回は特にスポットを当てる!


Contributor Channel

『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』 『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、 国家や社 会を議論す る全く新たな空間を生み出しています。毎月 開催されるその熱く、濃密な「ゴー宣道場」 の様子を 動画配信し 、さらに新しい言論人、新しい表現者を発見 して紹介しながら、この日本を覆う閉塞感を 打破しよ うという冒 険が開始されました!この動画チャンネルに 刮目せよ!!