ぼろぼろの話「徒然草 気まま読み」#107

Upload Date

Views

72

Comments

16

My Lists

0

This is a paid video.
Please purchase video after logging in.

Video Description

今回扱うのは、百十五段。
前半から紹介すると…

宿河原といふ所にて、ぼろぼろ多く集りて、九品の念佛を申しけるに、外より入りくるぼろぼろの、「もしこの中(うち)に、いろをし坊と申すぼろやおはします」と尋ねければ、その中より、「いろをし、こゝに候。かく宣ふは誰(た)ぞ」と答ふれば、「しら梵字と申す者なり。おのれが師、なにがしと申しし人、東國にて、いろをしと申すぼろに殺されけりと承りしかば、その人に逢ひ奉りて、恨み申さばやと思ひて、尋ね申すなり」と言ふ。

『徒然草』に人生訓のようなものを求めている人は、まず引用しない段。
「ぼろぼろ」とは、無宿者、ならず者、ゴロツキの類の者たちのこと。
その無頼そのもののエピソードを紹介し、彼らの性格などについても決して快く思っていない様子の兼好なのだが、最後に好感を寄せているような一言を添えて締めくくっている。それはなぜか?

Contributor Channel

『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』 『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、 国家や社 会を議論す る全く新たな空間を生み出しています。毎月 開催されるその熱く、濃密な「ゴー宣道場」 の様子を 動画配信し 、さらに新しい言論人、新しい表現者を発見 して紹介しながら、この日本を覆う閉塞感を 打破しよ うという冒 険が開始されました!この動画チャンネルに 刮目せよ!!