小川哲×アマサワトキオ×櫻木みわ「SFを可能にする構想力と取材力ーー『嘘と正典』刊行記念イベント」(2019/10/24収録)@pinako45

Upload Date

Views

29

Comments

0

My Lists

0

Genre

Others

This is a paid video.
Please purchase video after logging in.

Video Description

【収録時のイベント概要】
第2長編『ゲームの王国』( https://amzn.to/30zGgqh )で山本周五郎賞と日本SFの大賞をダブル受賞、読書界の話題を席巻した小川哲の最新刊『嘘と正典』( https://amzn.to/30x1KEh )がこの9月に刊行される。
マジシャンが主人公の「魔術師」( https://amzn.to/30zGBcx )、競馬を題材とする「ひとすじの光」、CIA工作員による共産主義消滅のたくらみを描く表題作など、一作ごとに異なる題材に挑戦した多彩な短篇集だ。
SFは現実の先を行く想像力や飛躍が魅力のジャンルだが、それを支えるのは題材の歴史や現状に対する綿密なリサーチである。
『ゲームの王国』でポル・ポト時代のカンボジアを、その匂いまで伝わるように描写してみせた小川哲は、どのように作品を構想し、取材し、作品に落とし込んでいるのか。
近未来のネパールを舞台とする「サンギータ」( https://amzn.to/31CHaUl )で創元SF短編賞を受賞したばかりのアマサワトキオ、インド、ラオス、東ティモールなど各国を描く『うつくしい繭』( https://amzn.to/2siaxeA )でデビューした櫻木みわ。
<ゲンロン 大森望 SF創作講座>( https://school.genron.co.jp/sf/ )が生んだ2人の新鋭が、小川哲の作品世界の秘密に迫る。

Related Videos