「経済と憲法でポストコロナの社会を提示する」第2部  第91回ゴー宣道場2/2

Upload Date

Views

232

Comments

0

My Lists

1

This is a paid video.
Please purchase video after logging in.

Video Description

2020年9月13日開催。

野党再編で多くの議員立憲民主党へ合流していく中、数合わせの「永田町の論理」を拒否し、少数政党となる不利をも厭わず、理念のもとに集まることを選んだ議員もいた。

そうして誕生したのが、新生「国民民主党」である。

今回は国民民主党の玉木雄一郎代表と、山尾志桜里議員をゲストに迎えたが、図らずも玉木氏にとっては、これが新・国民民主党発足後初の、まとまった発言の場となった。

行き過ぎたグローバリズム、東京一極集中、富の偏在を見直すと主張する玉木氏。

日本の自律、地方の自律、個人の自律を唱える山尾氏。

ポストコロナの時代には、頭数の政治ではなく、理念の政治こそが求められている!

Contributor Channel
Related Videos
  • No related videos found