中国外交部が重大声明、米大統領「香港自治法案」署名に断固反対

Upload Date

Views

99

Comments

0

My Lists

2

Sorry, this video can only be viewed in the same region where it was uploaded.

Video Description

中国外交部は15日に重大声明を発表し、米議会が可決したいわゆる「香港自治法案」の大統領署名に関して断固反対し、強く非難した。
 中国外交部は「米国の法案は香港国家安全維持法を悪意を持って誹謗し、香港問題および中国の内政への横暴な干渉である。中国政府は断固反対し、強く非難する」との立場を示した。
  外交部は重大声明で以下のような内容を強調した。
 「中華人民共和国香港特別行政区国家安全維持法」の制定と施行は中国の憲法と香港基本法の規定に完全に合致している。同法は「一国二制度」の長期的安定のための制度と法律上の保障を提供し、国の主権、安全、発展の利益を守るのに役立ち、香港の長期的安定と繁栄を保障するのにも役立ち、広範な香港同胞を含む全中国人民の擁護と賛同を得たものだ。
 香港は中国の特別行政区である。香港の問題は中国の内政であり、いかなる国も干渉する権利を持っていない。
 自国の合法的な利益を守るために中国側は必要な反応を示し、米国当局および関係者に制裁を科すことになる。
 「香港国家安全維持法」の実施を妨害しようとする米国側の企みが実ることはない。
 中国側の正当な利益を保護するため、中国側はすでに必要な対応を行い、米国当局関係者および団体に対してすでに制裁を課した。
 米国には、誤りを正し香港問題を含むいかなる形での内政干渉も止めるよう要請する。
 もし米国が独断専行すれば、中国側は断固たる対応をとる。

Contributor Channel
Related Videos