<香港に感動を>法を守る責務を果たす香港立法会議員

Upload Date

Views

14

Comments

0

My Lists

0

Sorry, this video can only be viewed in the same region where it was uploaded.

Video Description

弁護士・香港立法会議員を務めている何君堯氏は香港生まれ香港育ちの香港人で、とても誠実な人柄で善悪を前にして勇敢な姿勢を示した。
 2019年11月6日午前、香港立法会議員として、区議選の候補者である何氏は屯門啓豊商店街で選挙活動を行っていたところ、近づいてきた男にナイフで左胸を刺された。二人のボランティアは彼が襲撃された様子を撮影した。
 襲撃されてから5日目、彼は再び街頭で市民と対面した。けがをしても、勇気を持って香港のために奔走した彼は、「恐れるものは何もない、逃げることもしない。自分の責務を十分に果たすべきだ」と心境を語った。
 <何君堯氏>
 「何も恐れることはない、という言葉を浮かべる。私はどうしても強くなって、騒乱をを平定して、勇敢に立ち上がらなければならない」
 2019年6月に香港で暴力デモが発生して以来、何君尭氏は終始香港守護の最前列に立ち、「暴力を停止し、法律で騒乱を治めるよう」と積極的に呼びかけてきた。
 2019年6月30日、何氏は「警察を支持し、法治と泰平を守る」集会を発起した。
 2019年7月1日、何氏は声明を発表し、立法会(議会)ビルに突入したデモ隊の行動を非難した。
 8月1日、何君尭氏は香港警務処に通報し、違法活動に関与した立法会議員、外国人を含むあらゆる違法者を迅速果断に逮捕するように警察に呼びかけた。
 9月5日、何君尭氏は立法会議員の梁美芬氏とともに、「反ストライキ」記者会見を開き、教育当局に行政手段を講じて、規則に違反した校長と教師の教員資格を取り消すよう促した。
 何君尭氏は身の安全を顧みず、香港のために声を出し、暴行に「ノー」と言った。何君尭氏は暴徒たちの攻撃の標的となった。屯門区、荃湾区などにある何君尭氏の事務所は何度も囲まれて壊され、放火された。立法会における何君尭氏の事務室まで、死を脅かす脅迫状が届いた。特に悪いことに、何君尭氏の両親の墓も不法者に汚され、碑が押し倒され、遺骨が注がれたことである。
 <何君堯氏>
 「逃げないというのは本分を尽くすことだと、自分の基本的な責任をはたすことだと思っている。困難に向かって突き進まなければならない。私はこういう使命感の強い人だ。」

Contributor Channel
Related Videos