日本の自公幹事長「総力を挙げて中国と共に感染拡大を防止」

Upload Date

Views

41

Comments

0

My Lists

1

Sorry, this video can only be viewed in the same region where it was uploaded.

Video Description

孔鉉佑駐日本中国大使は7日、日本の自由民主党の二階俊博幹事長、公明党の斉藤鉄夫幹事長と会談した。
 会談で二階幹事長は、「日本は中国での新型コロナウイルスによる肺炎の感染状況を我が事のように感じている」とし、お見舞いを申し上げたうえで、「総力を挙げて中国にあらゆる支援を提供したい」と表明した。
 <日本自由民主党 二階俊博幹事長>
 「全力を傾けて協力する。自分のことだと考えて、協力するということです。日本はそういうことになった場合も、中国の皆さんもそうした気持ちになってくれるわけですから、こんな時に日本も中国も同じですよ。困った時には助け合うと、これは本当の友人ですからね。日本はできることをして、役に立ちたいと思います」
 さらに、「これまでに集めた12万着の防護服を、できるだけ早く湖北省、浙江省、広東省などの医療機関に送り届けたい」と述べた。
 一方、斉藤幹事長は心からのお見舞いを申し上げるとともに、「中国が中国にいる日本国民の健康と安全を保障するために行ってきた積極的な努力に心から感謝する」と表明した。
 さらに、「日中両国が協力を強化すれば、感染状況の蔓延を阻止して、感染状況との戦いで早期に勝利を収めることができると確信する」と述べた。
 これを受けて孔大使は、両幹事長が大使館を訪れて見舞いと協力を述べたことに感謝し、感染拡大防止における中国の有力な措置と積極的な成果を説明した。
 孔大使はまた、「中国は日本とのコミュニケーションと協力を強化し、手を取り合って一緒に難関を乗り越えたい」と述べた。

Contributor Channel
Related Videos