ピックアップ:クリーンエネルギー自動車

Upload Date

Views

56

Comments

0

My Lists

0

Sorry, this video can only be viewed in the same region where it was uploaded.

Video Description

3日間にわたる世界経済フォーラム・ニューチャンピオン年次総会2019(夏季ダボス会議)で、クリーンエネルギー自動車の推進は主要トピックの1つだった。中国ではメタノール燃料自動車と水素自動車の使用が広く推進されているが、まだ多くの挑戦に直面しなければならない。
 クリーンエネルギー自動車が多いほど、大気汚染が少なくなる。最新の例としては、中国北西部にある西安市のことだ。地元の関係当局によると、道路上にメタノールを燃料にしたタクシーを1万台ほど設置し、同市のタクシーの総数の80パーセント以上を占めているという。
 5年にわたった実験を経て、3月から中国でメタノール燃料自動車は広く使用されるようになった。専門家らは、環境汚染を緩和し、輸入石油への依存を減らすという中国による努力を示していると表明した。
 技術の進歩に伴い、浙江吉利控股集団(ジーリーホールディンググループ)は現在、メタノールを燃料とする商用車の提供を拡大している。
 これまでに、中国にはメタノールを燃料とする自動車を製造しているメーカーが9社あり、道路には30種類以上の自動車モデルが見られる。
 さらに、水素自動車は、その清潔で環境にやさしい性質で知られている。中国の多くの製造業者はその研究開発に多大な投資をしてきたが、その拡大を後押しするためにより多くの関連インフラが必要だと言っている。
 夏季ダボスフォーラムとも呼ばれるニューチャンピオン年次総会は13回を迎え、1日から3日にかけて中国東北部にある遼寧省大連市で開催された。
 今年のフォーラムには世界100カ国以上の1800人あまりの政治家、ビジネスマン、学者、メディアの代表者が集まり、新しい時代のグローバルぜーションについての考えや解決策が共有された。

Contributor Channel
Related Videos