「24時間働きゃいい」ヤマト子会社社長の〝パワハラ音声〟《完全版》

Upload Date

Views

186

Comments

0

My Lists

0

Genre

Others

2:30

チャンネル会員専用動画

このチャンネルに入会すると、動画を視聴できます。

週刊文春デジタル

Video Description

 ヤマトホールディングスの100%子会社、「ヤマトリース」の小泉弘社長が、社員にパワハラとも受け取れる言動を重ねていたことが、ジャーナリストの横田増生氏が入手した音声データで分かりました。

 トラックやフォークリフトなど車両のリースを主に手掛けているヤマトリース。小泉氏が社長に就任したのは、2018年9月のことでした。

 その小泉氏は今年に入り、ある支店会議後に開かれた懇親会で、以下のような発言をしていました。

「お前ら殺されるぞ、本当に。分かる、これ? そのくらい(の給料を)もらってんだよ。殺されるよ、本当。ふざけんなよ。馬鹿たれ! それも分からねぇから問題なんだよ」

 小泉氏は「給料が高過ぎる」と社員たちを怒鳴り続け、こう吐き捨てたました。

「24時間働きゃいいじゃない。(ヤマトHDの中核子会社)ヤマト運輸に戻ると(給料が)下がるんだよ。ウチに残りたいんだったら死に物狂いで働けよ。家買ってんだろ、ローンあるんだろ、できますか、甘えるのやめてくれよ」

 週刊文春が、親会社のヤマトHDに小泉氏の発言について尋ねると、こう回答しました。

「現在、確認中であり、今後事実関係等に基づいて適切に対応してまいります」

 7月4日(木)発売の「週刊文春」では、〝パワハラ音声〟の詳しい中身や小泉氏の経歴、社員から内部通報を受けたヤマトHDの対応などについて取り上げています。

 ブロマガで公開中の特集記事もあわせてご覧ください。

Contributor Channel

発行部数No.1! 「週刊文春」の記事を雑誌発売日の午前5時に配信します(※グラビア、一部のコラムをのぞく)。 最新号を含む直近の5冊分が閲覧できます。 最新号が公開されると一番日付の古いバックナンバーが1冊分閲覧できなくなります。 一部の記事については著作権処理の関係等により掲載できない場合もあります。...