マクガイヤーゼミ 第30回 延長戦「俺たちの『コブラ』」

Upload Date

Views

3,727

Comments

0

My Lists

8

This is a paid video.
Please purchase video after logging in.

Video Description

今回のレジュメ
●3、『コブラ』元ネタ、影響解説
昨今のすぐ「パクリ」という文化、水木しげると「パクリ」、ネットもamazonも無い時代の「パクリ」
・80年代のアニメやマンガは洋画への憧れを隠さない。
ダグラム(橋を渡る話)、闘士ゴーディアン(大脱走)、ボトムズ
・当時はパクリ警察無かった、文化としての「翻案」
007と西部劇(正当・マカロニ両方)教養・常識としてのSF
ルパン三世(西村編集長のインタビュー)、スペースダンディ、カウボーイビバップ
犬神明(アダルト)類似点多し
咥えタバコで軽口を叩き、満月の夜には不死身の狼男になる。
エピソードごとに謎の美女が現れ、たいがい死ぬ(007スタイル)
・異星人酒場
・ケツなめアングル
『コブラ』最大の魅力とは?
冒険小説やアクション映画(や少年漫画)でしか存在しえないキャラクターが、ぼくらを救ってくれる(ネットでの「鬱ブレイカー」も納得)

●4、『コブラ』名セリフ
人を殺して捨て台詞文化、007、70~80年代アクション映画
いま実際に口に出すと寒い、照れなくやりきるのが70年代という時代(80年代半ばになると寒くなる)

●5、『コブラ』今読むならジャンプコミックスから!
単行本表2の著者あいさつ

●6、『コブラ』お薦めエピソードプレゼン対決
手塚治虫からの影響、構成の妙
・第1部(シドの女神まで)と第2部(黒竜王以降)では絵とキャラが少し変わる。

【出演】
Dr.マクガイヤー
「ゲロとレイプがある映画は傑作である」と言い切るアラフォーオタク。 ボンクラ映画をこよなく愛する正体不明の冒険野郎。番組中の白衣は自前だ。
番組が気になった人はブログを訪れてみてもらいたい。きっと目眩がすることでしょう。
ブログ ⇒ 冒険野郎マクガイヤー@はてな
Twitter ⇒ @AngusMacgyer
マクガイヤーチャンネル物販部 ⇒ https://clubt.jp/shop/S0000051529.html

【ゲスト】
オタク大賞名誉審査員 ナオト
ブログ ⇒ オタクな一口馬主
Twitter ⇒ @Triumph_march

ご意見・ご質問 ⇒ http://ch.nicovideo.jp/macgyer/letter
チャンネル入会はコチラから!

2017年6月3日収録

Related Videos
  • No related videos found