佐賀のがばいばあちゃん

Upload Date

Views

30

Comments

0

My Lists

1

This is a paid video.
Please purchase video after logging in.

Video Description

新幹線の車中、会社員・岩永明広は母と離れ一人旅の寂しさに泣きべそをかいている少年に出会った。どこかで見た光景だと思った途端、車内は昭和32年当時の客車に変わっている。窓に泣き顔をくっつけている少年、それは、44年前の明広本人だった-戦後間もない広島で、原爆症の父親を亡くし、居酒屋で懸命に働く母と兄の三人暮らしの明広は、母の元をひとり離れ、佐賀にある祖母の家で暮らすことになった。ばあちゃんは長旅への労いや、優しい言葉をひとつかけるでもなく、一言、「ついてきんしゃい」。戸惑う明広を、粗末な離れの小屋に連れて行くと、「明日から明広がゴハンば、炊くとやけん、よう見とんくんしゃい」。こうして明広とばあちゃんの二人暮らしが始まった

Contributor Channel

「佐賀のがばいばあちゃん」の配信ページです。

Related Videos