【E3 2019】E3にて、一人の「日本人女性」が注目集め話題沸騰中。多くの人々の心をわし掴み

Upload Date

Views

13,494

Comments

40

My Lists

40

GamesPast Rankings

N/A Best: 94

Video Description

【E3 2019】発表まとめマイリスト を作りました 
注目の最新タイトル&発表はこちらから
mylist/65767639

Bethesda Softworksは6月10日、「Bethesda E3 Showcase」を実施した。『Fallout 76』を代表としたタイトルのアップデート情報や『DEATHLOOP』を筆頭とした新作の発表など、充実のカンファレンスとなった。実はこのカンファレンスにて、ひとりの「日本人女性」が注目を集めている。
この日本人女性とは、Tango Gameworksの中村育美氏である。Tango Gameworksはカンファレンスにて、東京を舞台とする新作『GhostWire: Tokyo』を発表。「イエーイ」の声と共に登場。大きなステージということでナーバスになりそうと緊張の色見せながら、フランクな雰囲気で英語を使ってゲームを紹介し始める。
「(ゲーム内では)危険、そして友好的な人々と出会う」と表現するにあたっては、中腰気味に両手を閉じ開きし、笑いを誘った。その後のオフィスで「(本作の敵はパラノーマルであることをうけて)毎回オフィスに行くたびにノーマルとパラノーマルの区別がつかなくなる」というジョークもなかなかウケている。そして最後には9時の時計を指すような、独特なポーズと共にトレイラーを紹介。盛り上がりをもって『GhostWire: Tokyo』の映像が公開された。
練習を感じさせる頑張り、そして緊張しながらも英語でゲームを伝えようとする愛らしさ。独特のジェスチャーを挟んでくるその度胸。そうした要素から構成された中村氏の不思議な魅力に取り憑かれ、Twitterを中心にSNSでは「Ikumi Nakamura」の文字が海外ゲームクラスタの間で並び、人気が沸騰し始めた。中村氏のかわいらしさに死ねる、もしくはIkumiのことしか考えられないと昂ぶる人物が続出。すべてのモーションをまとめて画像を作るファンやファンアートを作るファンなども出てきており、突如としてアイドル的な人気が生まれだしたのだ。氏のTwitterアカウントには、今回のカンファレンスで氏の虜になったユーザーから、大量のラブレターがおくられている。Polygonなどもこの現象を報じ、人気はグローバルに広がり続けている。