スーパーコンピューター「富岳」に私が計算してほしいこと 「ゆきりん♡もくれん 淑女我報」#57

Upload Date

Views

269

Comments

94

My Lists

2

This is a paid video.
Please purchase video after logging in.

Video Description

理化学研究所が今年から運用を始めたスーパーコンピューター「富岳」。
「2位じゃいけないんです」とばかりに、9年ぶりに世界1位の座を獲得した。
国家の威信をかけ、1300億円(国費1100億円、民間200億円)ものコストを投じて開発された富岳だが、それが何に使われているのかというと、最も有名なものは、新型コロナの流行に関連して、人の「飛沫」がどのように広がるのかを計算したシミュレーション。
エクトプラズムのように飛沫が拡がる様子を解析した画像はインパクトがあったが、しかし、これだけの巨額の費用をかけたスパコン、他に使い道はないのだろうか?
ということで今回は、自分だったら富岳で何を計算してもらいたいかを考えます。
「飛沫の飛散状況」よりも有効で公衆衛生上意味のある富岳の使い道は?

Contributor Channel

『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』 『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、 国家や社 会を議論す る全く新たな空間を生み出しています。毎月 開催されるその熱く、濃密な「ゴー宣道場」 の様子を 動画配信し 、さらに新しい言論人、新しい表現者を発見 して紹介しながら、この日本を覆う閉塞感を 打破しよ うという冒 険が開始されました!この動画チャンネルに 刮目せよ!!

Related Videos