菊地信義×川名潤×水戸部功×長田年伸【『アイデア』387号 刊行記念トークショー 】「来るべき『本と出版』を探るーー現代日本のブックデザインめぐる対話」(2019/10/21収録)@kawanasan @mitobeisao @idea_magazine

Upload Date

Views

23

Comments

0

My Lists

0

Genre

Others

This is a paid video.
Please purchase video after logging in.

Video Description

【収録時のイベント概要】

『アイデア』387「現代日本のブックデザイン史 1996–2020」刊行イベント開催決定!

2019年2月にゲンロンカフェにてイベントを開催させていただいた、
川名潤 × 水戸部功司会 = 長田年伸「日本のブックデザイン史を記述する 1960-2020」が、
『アイデア』387号の特集としてついに刊行されました!

前回のイベントも会場は超満員、『アイデア』387号も売り切れ続出と話題です。
会場参加はぜひおはやめにお申し込みください!


96年以来続いている出版不況に抗うように、書物の装いはますますコマーシャルなものへと傾いていっている。

ブックデザインが出版産業の一部である以上、本の姿もまた出版の映し鏡に違いないのだが、では果たして、本の、出版のあり方はこれ以外にはあり得ないのだろうか——。

1977年に装丁家として独立して以来、1万5000冊を超える本のデザインをしてきた菊地信義はかつて「言葉で紡がれた事件としての作品、その装幀も、書店の平台で事件としてありたい」と記した。

ブックデザインをそのデザインスタイルによって分類・配置・俯瞰することで、1996年以降に生まれた本と出版が織りなす風景の一端を描いた『アイデア』387「現代日本のブックデザイン史 1996–2020」を製作した3名が、菊地信義をゲストに迎え、本と出版の未来をめぐり対話する。


【イベントのページ】
https://genron-cafe.jp/event/20191021/

Related Videos