酒乱に気をつけろ 『徒然草 気まま読み』#84

Upload Date

Views

107

Comments

0

My Lists

0

This is a paid video.
Please purchase video after logging in.

Video Description

今回扱うのは、第八十七段。
結論は、最初の一行。

下部(しもべ)に酒のまする事は心すべき事なり。

下僕に酒を飲ませる時には、注意しなければならない。
これに続いて、その結論に至らしめるエピソードが語られる。京に住む具覺坊という遁世僧、宇治の親戚のところへ行くための迎えの馬が遣わされてきたので、長い道中のこととて、気を利かせたつもりで馬の口取りの男に酒を一杯勧めた。
ところがこの男、ちょいと一杯のつもりがぐいぐいやり出し、しかもとんでもない酒乱だったものだから、本当にシャレにならないことになってしまう…

お酒を勧めるなら、まず相手をよく見てからにしましょう!

Contributor Channel
Related Videos