安倍首相補佐官と厚労女性幹部が公費で「京都不倫出張」《完全版》

Upload Date

Views

393

Comments

0

My Lists

1

Genre

Others

11:21

Channel member limited videos

Join the channel to view this video

週刊文春デジタル

Video Description

 安倍長期政権で官邸主導を牽引する和泉洋人首相補佐官(66)と、不倫関係にある厚生労働省大臣官房審議官(兼内閣医療・健康戦略室次長)の大坪寛子氏(52)が、京都に出張した際、ハイヤーを借りて、私的な観光を楽しんでいたことが、「週刊文春」の取材でわかりました。

 8月9日、2人は京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の山中伸弥所長に面会するため京都に出張。午前中に山中氏との面会をすませると、ハイヤーに乗り、観光客で賑わう河原町四条へ向かいました。

 老舗の甘味処でかき氷を注文すると、和泉氏は自分のスプーンで大坪氏に食べさせるなど、親密な様子を見せました。その後、ハイヤーで40分ほどかけて京都北部の山奥にある貴船神社へも立ち寄っています。古くから「恋愛成就を祈る社」として知られる同神社でも、大坪氏が和泉氏にお賽銭を渡したり、腕をからめて参道を歩くなど、終始仲睦まじい様子でした。

 和泉氏に経緯を聞くと、公務で京都に行ったことは認めた上で、次のように説明しました。

「(貴船神社には)行きました。彼女はもともと、午後は休暇を取っているから。僕は休暇ではなく、出張です。僕の場合は特別職なので、勤務時間がないのですが」

 また、交際については「ないです」と否定しました。

 一方の大坪氏は、午前中は公務だが、午後は半休をとったと説明しました。

 和泉氏と関係については、交際について問う記者に「男女って…(和泉氏は)だいぶおじいちゃんですよね」と回答しました。

 ただ、「週刊文春」では、この日以外にも、和泉氏がハイヤーで仕事帰りに大坪氏を自宅まで送り届けたり、都内で手つなぎデートやエスカレーターでハグする様子など、上司と部下を超えた関係であることを複数回確認しています。

  官邸・霞が関に大きな影響力を持つ和泉補佐官が、大坪氏との不倫関係によって、公平であるべき行政を歪め、「私物化」していないのか、今後、説明が求められそうです。

 12月12日発売の「週刊文春」では、二人が京都で山中教授に要求したiPS細胞研究の予算削減案、大坪氏が和泉氏の威を借りて関係各処の人事や予算に介入した疑惑、そして山中教授が「週刊文春」の直撃に語った「政策決定のあるべき姿」などについて6ぺージにわたって特集しています。

 ブロマガで公開中の特集記事もご覧ください。

Contributor Channel

発行部数No.1! 「週刊文春」の記事を雑誌発売日の午前5時に配信します(※グラビア、一部のコラムをのぞく)。 最新号を含む1年分約2400本の記事が閲覧できます。 一部の記事については著作権処理の関係等により掲載できない場合もあります。 週刊文春デジタルの更新情報は、Twitterの、「文春くん公式」 https://twitter.com/bunshunho2386...