悪筆を憚らず 『徒然草 気まま読み』#38

Upload Date

Views

119

Comments

0

My Lists

0

This is a paid video.
Please purchase video after logging in.

Video Description

今回扱うのは、第三十五段。
非常に短いので、全文を紹介すると…

手の惡(わろ)き人の、憚らず文かきちらすはよし。見苦しとて人に書かするはうるさし。

字の下手な人が、それを気にせず文を書くのはいいことである。見苦しいと思って人に代筆をさせるのは嫌味なものである。
今ではワープロもあるわけだが、手紙で気持ちを伝えようと思ったらやはり本人の肉筆。字の上手い下手など関係ない。
現在でもすんなり通じる兼好の美意識。
ついでに、字の上手い下手を巡って現在一年がかりでもめている泉美家のエピソードも登場します。

Contributor Channel
Related Videos