勅書を持たる者は下馬せず 『徒然草 気まま読み』#19

Upload Date

Views

120

Comments

0

My Lists

1

EntertainmentPast Rankings

N/A Best: 807

This is a paid video.
Please purchase video after logging in.

Video Description

今回扱うのは、第九十四段。

短いので全文を掲げると…
 常磐井相國、出仕したまひけるに、勅書を持ちたる北面あひ奉りて、馬よりおりたりけるを、相國、後に、「北面なにがしは、勅書を持ちながら下馬し侍りし者なり。かほどの者、いかでか君に仕うまつり候ふべき」と申されければ、北面を放たれにけり。
 勅書を馬の上ながら捧げて見せ奉るべし、下るべからずとぞ。


 朝廷のトップである太政大臣・西園寺実氏が朝廷に出てきた時、上皇の手紙を持った武士が乗った馬と出会った。武士は馬から降りて礼儀を示したが、その行為がけしからんと、西園寺はその武士の職を解いてしまった。それはなぜか?
 天皇・上皇の権威とはどのように担保されてきたのかがうかがえるエピソード。

Contributor Channel

『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』 『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、 国家や社 会を議論す る全く新たな空間を生み出しています。毎月 開催されるその熱く、濃密な「ゴー宣道場」 の様子を 動画配信し 、さらに新しい言論人、新しい表現者を発見 して紹介しながら、この日本を覆う閉塞感を 打破しよ うという冒 険が開始されました!この動画チャンネルに 刮目せよ!!