[Step.2民法18]連帯債務

Upload Date

Views

38

Comments

0

My Lists

1

Genre

Others

This is a paid video.
Please purchase video after logging in.

Video Description

AがB・C・Dの3人に300万円を貸した場合、B・C・Dがそれぞれ100万円ずつ返済義務を負うのが原則です(分割債務)。しかし、「連帯して返済する。」という特約をした場合には、話が違います。Aが合計300万円の返済を受けるまで、B・C・Dとも債務を負い続けるのです。例えは、Bが100万円を返済したとしましょう。この場合でも、残り200万の返済について、C・Dだけでなく、Bも返済の義務を負います。このような債務を連帯債務と呼びます。

Contributor Channel

株式会社ビーグッド教育企画がお送りする宅建試験(宅地建物取引士資格試験)の対策コンテンツです。 [Step.1]基本習得編、[Step.2]実戦応用編、[Step.3]過去問演習編、の3講座に分かれています。この流れにしたがって学習すれば、初学者段階から本試験直前期まで、無理なく学習を進めることができます。

Related Videos