平将明×津田大介×西田亮介「自民党はもう負けないのか—— 『メディアと自民党』刊行記念」【2015/12/16収録】 @TAIRAMASAAKI @tsuda @Ryosuke_Nishida

Upload Date

Views

438

Comments

7

My Lists

3

Genre

Others

This is a paid video.
Please purchase video after logging in.

Video Description

2015年はメディアと政治の関係が取り沙汰された一年であった。だが、両者は、ともすれば、陰謀論や感情論に傾いてしまいがちな主題だ。メディアも、政治も、我々の生活実感から離れたところで、特殊なルールで動いているように見えることもその一因だ。もしかすると、そこに「お上意識」のようなものも加わっているのかもしれない。これらが理由となって、一度、これらの問題について、異なる立場にたってしまうと、態度変容のきっかけを見出しにくい現状があるように見える。先日、『メディアと自民党』(角川新書)を出版した。本書では、主に長く政治の表舞台に立ってきた自民党を中心に、歴史を紐解きつつ、豊富な公開、非公開双方の資料と、具体的な記述を通じて、日本におけるメディアと政治の関係性を描き出そうと試みた。また2013年の参院選における自民党の取り組みについても詳述している。それはまさに試行錯誤の歴史であった。一方で、データ分析に基づく「イメージ政治」が、自民党一極集中のかたちで洗練されていくことに対する問題意識も提示している。このような本書の主題を、改めて、実際自民党のネット選挙対策にも携わり、総裁選へのネット投票導入の提案などを行ってきた平将明氏と、ITジャーナリスト津田大介氏とともに掘り下げ、メディアと政治の将来像について展望してみたい。(西田亮介)

Contributor Channel

東京西五反田に位置する「ゲンロンカフェ」。作家、学者、政治家、ジャーナリスト、クリエイター、経営者ら、時代のキーパーソンが集う新型トークイベントスペースの模様を完全中継。