鴻英良×危口統之×黒瀬陽平「ラディカルな芸術とはなにか——芸術祭におけるアーティストと観客」【2016/4/28収録】 @kigch @kaichoo

Upload Date

Views

766

Comments

1

My Lists

2

Genre

Others

This is a paid video.
Please purchase video after logging in.

Video Description

劇団「悪魔のしるし」を主宰する演劇界の異端児・危口統之。彼は「演劇」と言いながら、空間にギリギリ入る物体を製作してそれを搬入する『搬入プロジェクト』や、謝罪会見を模した芝居、また、歴史や日常の隙間から出てきた奇妙なテーマを扱ったパフォーマンスなど、ラディカルな作品で演劇の境界を揺るがす。

他方、美術家集団「カオス*ラウンジ」を率いる黒瀬陽平は、寺山修司的な「演劇」を取り入れて、美術展に物語とキャラクターを組み込み、観客の体験を劇化する。

ラディカルな芸術を志す彼らは、一体どのような戦略を用いているのか。地域アートや芸術祭が芸術家の活路となっているいま、そもそも「ラディカル」であるとはどのようなことであるのか。カオス*ラウンジの瀬戸内国際芸術祭初参加や、悪魔のしるしのロームシアター京都での「搬入プロジェクト」など、最新の活動は、いかにラディカルなのか。

危口と黒瀬というふたりの若手(?)と議論するのは、ドイツ・カンプナーゲルのラオコーン演劇祭の芸術監督を務めたこともあるラディカルな演劇の先行世代を代表する、演劇批評家・鴻英良。

Contributor Channel

東京西五反田に位置する「ゲンロンカフェ」。作家、学者、政治家、ジャーナリスト、クリエイター、経営者ら、時代のキーパーソンが集う新型トークイベントスペースの模様を完全中継。