「戦略の階層」的に、日本の肉牛業界はいかにサバイバルしてきたのか?(その1)|奥山真司の「アメ通LIVE」

Upload Date

Views

2,480

Comments

21

My Lists

12

This is a paid video.
Please purchase video after logging in.

Video Description


▼「奥山真司のアメリカ通信」LIVE(2015/02/03放送)より

日本の肉牛業界は、幾度の「危機」を如何に乗り越えたのか?
「戦略の階層」的視点から分析。そして、将来の展望とは?!

※「肉牛ジャーナル」(2015年2月号)記事もご覧下さい。
国産牛肉が生き残るための“戦略”とは-奥山真司戦略学博士に聞く-
http://www8.ocn.ne.jp/~nikugyu/2015J2.html

※奥山真司の「戦略の階層」完全講義
~奴隷人生からの脱却のために~

http://www.realist.jp/strata.html

------------------------------------------------
001:「戦略の階層」的に、日本の肉牛業界はいかにサバイバルしてきたのか?
http://www.nicovideo.jp/watch/1423639324
002:「戦略の階層」的に、日本の肉牛業界はいかにサバイバルしてきたのか?
http://www.nicovideo.jp/watch/1423639505
003:「戦略の階層」的に、日本の肉牛業界はいかにサバイバルしてきたのか?
http://www.nicovideo.jp/watch/1423639567
------------------------------------------------
▼Youtube THE STANDARD JOURNAL
https://www.youtube.com/user/TheStandardJournal
-------------------
▼奥山真司Twitter(@masatheman)
https://twitter.com/masatheman
▼和田Twitter(@media_otb)
https://twitter.com/media_otb
-------------------
▼管理人/紫Twitter(@crfpj)
https://twitter.com/crfpj

Contributor Channel

そもそも報道というものには、公平性や客観 性はなく、報道主による意図があり、何かし ら歪んでいるものです。 チャンネル名のTHE STANDARD JOURNALです が、標準的というのは、日本から見て、ま た、日本の自分の立場から見てというところ にならざるをえない。日本の報道も左翼無責 任報道が多いのでその立場とも違う、欧米の リアリズム視点をもった日本からの標準...