うみうし紳士

うみうし紳士

  • Follow(s): 53
  • Followers: 0
  • Level: 1
  • Stamps: 47EXP
  • SCP-1867 A Gentleman Object Class: Safe 取扱方: SCP-1867は、40x70x30cmの水槽で保存されることになっています。他にセキュリティは必要ありません。SCP-1867の環境と世話は通常種と同じです。 SCP-1867から得られた物は安全な貯蔵金庫室16に保存されています。これらの物、及びSCP-1867自体へのアクセスはレベル2職員の許可が必要です。 ██/██/2012 -SCP-1867は名作小説と自然雑誌を見せて欲しいと要求してきました。要求は却下されました。 概要: SCP-1867は長さは11.7センチ(4.6インチ)の アカフチリュウグウウミウシ (variable neon slug)というウミウシの一種です。SCP-1867は通常種と身体的相違はありません。 SCP-1867は賢明で5メートル以内の個人とテレパシーでコミュニケーションが取れます。自身をイギリスの探検家で博物学者の“セオドア・トーマス・ブラックウッド卿”と名乗ります。(そのような人物はどこにも記録がありません)SCP-1867は19世紀後半のイギリスの口調で話し、研究者とも親しく協力的です。 SCP-1867は第二次アヘン戦争での功績や世界各地の秘境、様々な珍しい人々や生き物達との出会いなどの、成し遂げた業績を繰り返し主張します。それらの主張の信憑性は疑われるものの、SCP-1867は地理学、動物学、植物学、考古学、人類学、言語学はもちろん、秘境、不明瞭な神話、神秘論、未確認動物学についての詳細な知識を示しました。しかしながら、SCP-1867には出来るとは思えず、1910年以降のいくつかの出来事の情報を故意に無視しています。 その功績の証拠を求められたとき、SCP-1867は“[それらの]コレクションはその場所に有り余るほどに寄付させてもらったよ”とイギリスの█████████に近い住所を教えてくれました。その住所を調査すると、█████さん(女性)が所有するコテージで、███████████は、“ブラックウッド卿の為にこの家を管理しております”と主張しました。さらに質問をするとSCP-1867が既に伝えてくれた以上のSCP-1867の詳しい生態や起源は明らかにしてもらえませんでした。財団エージェントの調査の5日後に███████████さんは心不全で亡くなりました。 コテージを調査したところ、3000以上の人工品、動物標本および植物標本が5000点以上ある、機能的な旧式の研究所を含む地下金庫室が明らかになりました。3週間のうちに財団が全てのコレクションを回収し移転させました。

    ▼See More


Latest Nico Reports

Back to Top