『成唯識論』を読む
Total 33 videos
『成唯識論』は、唯識思想を大成したとされる世親(ヴァスバンドゥ)の『唯識三十頌』に対する注釈書を、三蔵法師・玄奘(602-664)が編集・翻訳したとされる文献です。東アジアにおける唯識思想はこの『成唯識論』の注釈・解釈を中心に発展しました。東アジア仏教、日本仏教を考える上で大変重要な文献です。これほど重要なテキストでありながら、現在のところ『成唯識論』を手軽に読めるような状況ではありません。本講義は、『成唯識論』の通読を試みるものです。
『成唯識論』は、唯識思想を大成したとされる世親(ヴァスバンドゥ)の『唯識三十頌』に対する注釈書を、三蔵法師・玄奘(602-664)が編集・翻訳したとされる文献です。東アジアにおける唯識思想はこの『成唯識論』の注釈・解釈を中心に発展しました。東アジア仏教、日本仏教を考える上で大変重要な文献です。これほど重要なテキストでありながら、現在のところ『成唯識論』を手軽に読めるような状況ではありません。本講義は、『成唯識論』の通読を試みるものです。
See more Close