プロジェクタを使った実世界ゲームインタフェース『Twinkle』

投稿日時

再生数

1,824

コメント数

19

マイリスト数

21

科学前日総合順位

圏外過去最高63位

動画説明

Twinkleは小型のプロジェクタを使用したARインタフェースです.プロジェクタで照らした物体をカメラによって認識し,物体の形や色,及びプレイヤーの動きに応じた音や映像をリアルタイムに生成します.プレイヤーは手に持ったプロジェクタで投影されたキャラクタを操作し,ホワイトボードに描いた絵の上を歩かせたり,手で行く手を遮ったりといった様々なインタラクションを楽しむことができます.この動画はTwinkleをSIGGRAPH2009@New Orleansにて展示した様子です.http://projects.tachilab.org/twinkle/

関連動画
  • 関連動画はありません