OPCW調査団 ドゥーマ入りできず、シリア化学兵器使用疑惑

投稿日時

再生数

54

コメント数

0

マイリスト数

0

政治前日総合順位

圏外

動画説明

シリア・東グータ地域の街、ドゥーマでの化学兵器使用疑惑を調べるためシリア入りしている、OPCW=化学兵器禁止機関の調査団が、いまだドゥーマに入れていないことがわかりました。 これは16日にオランダ・ハーグの本部でOPCWが開いた緊急の執行理事会で明らかにされたものです。

 OPCWのウズムジュ事務局長によりますと、調査団9人は14日にシリアの首都ダマスカスに到着したものの、化学兵器が使用された疑いがあるドゥーマの現場に入っての調査をできていないということです。理由について、「シリアとロシアが安全上の問題が残っていると報告しているため」としています。

 ロシア政府高官は18日にOPCWがドゥーマ入りすると明らかにしています。これに先立ち、シリア政府は16日、ドゥーマを一部外国メディアに公開しました。

 調査団がいまだドゥーマに入れていない状況について、イギリスのOPCW代表部は「ロシアとシリアは協力すべきだ」と批判。ロシア側は「アメリカ、イギリス、フランスの攻撃が調査を遅らせている」と主張し、非難の応酬となっています。(17日08:07)

関連動画
  • 関連動画はありません
sala11さんの投稿動画