IoT技術の普及に備え 通信技術特許めぐるシンポジウム

投稿日時

再生数

51

コメント数

0

マイリスト数

0

科学前日総合順位

圏外

動画説明


3月13日 20時55分
モノとインターネットがつながる「IoT」技術の普及に備えて、今後の通信技術に関する特許をめぐるシンポジウムが開かれました。
特許庁などが東京都内で開いたシンポジウムには、日本や欧米、中国の企業関係者らが参加しました。
この中で、特許庁の宗像直子長官はIoT技術が普及すると、通信技術に関連した特許をさまざまな業種が利用するようになり、特許権をめぐる紛争に備える必要があると説明しました。
そして、特許権を持つ企業と使用する企業の代表者らが参加し、対立しやすい特許の使用料の算定方法などについて意見を交わしました。
IoT技術の普及に伴う通信関係の特許の扱いについては、国際的に関心が高まっていて、特許庁は今後、特許をめぐる交渉時の論点をまとめた手引きの策定を進めることにしています。

関連動画
  • 関連動画はありません
sam26さんの投稿動画