判例変更、最高裁「強制わいせつ罪に「性的意図」は必要ない」

投稿日時

再生数

111

コメント数

4

マイリスト数

0

政治前日総合順位

圏外過去最高123位

動画説明

強制わいせつ罪の成立に性欲を満たそうとする性的意図が必要かどうかが争われた刑事裁判の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は29日、性的意図は不要とする初判断を示し、必要だとした最高裁判例(1970年)を47年ぶりに変更した。裁判官15人全員一致の意見。
「今日では被害者の受けた性的被害の内容や程度にこそ目を向けるべきだ」と変更理由を述べた。
今回の事件では、山梨県内の男(40)が2015年に13歳未満の女児の体を触り、裸を撮影するなどしたとして強制わいせつ罪などで起訴された。
https://mainichi.jp/articles/20171129/k00/00e/040/258000c

関連動画
  • 関連動画はありません