電王戦 佐藤名人が人工知能に敗れ人間大きく負け越し

投稿日時

再生数

424

コメント数

1

マイリスト数

0

ゲーム前日総合順位

圏外

動画説明

今回の電王戦は、それぞれの予選を勝ち抜いたプロ棋士と将棋ソフトが二番勝負で対局し、現役タイトル保持者として初めて佐藤天彦名人が、将棋の人工知能PONANZAと対戦しました。先月行われた第1局は、PONANZAが勝ち、20日に兵庫県姫路市の姫路城で第2局が行われました。対局は佐藤名人の先手で始まり、PONANZAは初手に玉を動かす珍しい手で応じて、中盤まで互いに陣形を整える展開となりました。終盤になり、攻めに転じたPONANZAが、そのまま押し切り、94手までで佐藤名人が投了しました。平成24年から続けられてきた電王戦は、20日の対局で終了することが発表されていて、通算の対戦成績は5勝14敗1引き分けと、人間の棋士が大きく負け越す結果となりました。

関連動画
  • 関連動画はありません
chobi04さんの投稿動画