吉川英治~壁に直面したときに読みたい名言(大橋直久)

投稿日時

再生数

55

コメント数

0

マイリスト数

0

その他前日総合順位

圏外

動画説明

ヒーリングカウンセラーの大橋直久が、壁に直面しているときに読みたい名言をお伝えします。

●吉川英治「よし、今度も立派に乗り越えてみせるぞ。朝のこない夜はないのだから…。」

吉川 英治(よしかわ えいじ、1892年(明治25年)8月11日 - 1962年(昭和37年)9月7日)は、日本の小説家。本名、英次(ひでつぐ)。神奈川県生まれ。様々な職についたのち作家活動に入り、『鳴門秘帖』などで人気作家となる。1935年(昭和10年)より連載が始まった『宮本武蔵』は広範囲な読者を獲得し、大衆小説の代表的な作品となった。戦後は『新・平家物語』、『私本太平記』などの大作を執筆。幅広い読者層を獲得し、「国民文学作家」といわれる。

関連リンク:
http://profile.ameba.jp/healing-counseling-room/

関連動画
  • 関連動画はありません