ショスタコーヴィチ 交響曲第15番イ長調 作品141 (1971年) 第1・2楽章

投稿日時

再生数

1,575

コメント数

13

マイリスト数

24

音楽前日総合順位

圏外

動画説明

指揮:ウラジーミル・フェドセーエフ 管弦楽:チャイコフスキー交響楽団(2011年9月27日 ウィーン・ムジークフェラインザール)。作曲時期は1971年。交響曲第13番、交響曲第14番のような声楽入りの交響曲や、ロシア革命を描いた標題的な作品である交響曲第11番、交響曲第12番などとは異なり、交響曲第10番以来の伝統的な4楽章の交響曲である。しかし、合奏よりもソロなどが目立つ室内楽的なオーケストレーションや、各楽章にちりばめられたさまざまな作曲家の作品からの引用、更にショスタコーヴィチ流の十二音技法など、ベテランならではの技巧も光る作品である。初演は1972年1月8日、マクシム・ショスタコーヴィチ指揮、モスクワ放送交響楽団。

関連動画
  • 関連動画はありません
maestroさんの投稿動画