八二三炮戰 1/10

投稿日時

再生数

2,422

コメント数

71

マイリスト数

24

前日総合順位

圏外

動画説明

1979年台湾映画 金門砲戦(きんもんほうせん)は1958年8月23日から1958年10月5日にかけて金門島に駐留する中華民国陸軍に対し人民解放軍が砲撃を行った戦闘。中国では金門砲戦と称し、台湾では八二三砲戦と称している。また第2次台湾海峡危機と称されることもある。人民解放軍が8月23日から10月5日にかけて使用した砲弾は50万発に及び、中華民国陸軍金門防衛司令部(金防部)司令の胡璉はアメリカ海軍の海上輸送支援を受けながら金門を死守し、その後8インチ榴弾砲を投入し対岸のアモイの人民解放軍に反撃を加えた。その後、攻撃を隔日に変更するなどで次第に戦闘が減少し現在に至っている。

関連動画
  • 関連動画はありません
BD01さんの投稿動画