ひぐらしのなく頃に解 第14話 祭囃し編 其の壱「三四」

投稿日時

再生数

137,219

コメント数

8,003

マイリスト数

300

アニメ前日総合順位

圏外過去最高16位

動画説明

昭和五十八年の雛見沢を巡る運命。
それは幼き日の鷹野三四と、雛見沢症候群の研究者・
高野一二三との因縁からすべてが始まった。
終戦間もない混乱期。田無美代子は両親の突然の事故死により、
施設で地獄のような生活を強いられていた。
その状況から逃れるため、美代子は友人達と施設脱走を計画するが…。

動画一覧はこちら
第13話 watch/1496807492
第15話 watch/1496807540

提供元チャンネル

昭和58年初夏。 都会から遠く離れた山奥の寒村、雛見沢。 昼にはセミの、夕暮れにはひぐらしの合唱が木霊していた。 圭一、レナ、魅音、沙都子、梨花、詩音 今日も「部活メンバー」の明るく、賑やかな声が雛見沢に響いていた。 そんな中、梨花は時折悲しげな表情を見せていた。 それは毎年6月に行われる祭「綿流し」が近づいていたからであった。...

この動画に関連するチャンネルをもっと見る

TV放映中の最新アニメを無料配信! 誰もが知っているあの名作も! 充実したラインナップをお届け!

関連動画