【粘菌/タイムラプス】人類が世界へと広がる様子を粘菌が「調査」【南方熊楠生誕150周年】

投稿日時

再生数

581

コメント数

8

マイリスト数

4

科学前日総合順位

圏外過去最高37位

動画説明

北海道大学×niconico
南方熊楠・生誕150周年記念企画
人類が、アフリカから全世界へと広がる様子を粘菌が「調査」。
単細胞生物・粘菌が示す「知性」は、私たち人類に何を問いかけるのか――。


時に、悪口としても使われる「単細胞」という言葉。
しかし、単細胞生物である粘菌には、迷路の最短経路を見つける「知性」があり、その能力は「粘菌コンピュータ」とも呼ばれ、都市計画やインフラ整備の参考にもなるという。

今回は、世界地図の上に粘菌を置き、現生人類であるホモ・サピエンスがアフリカから全世界へと広がった53時間の記録を、タイムラプス映像にてお伝えいたします。

  ■実験1
  人類はどのように世界に広がった?(氷河期時代の世界地図を利用)
  ■実験2
  粘菌の好きな食べ物は?

企画協力
中垣俊之(北海道大学 電子科学研究所 教授/イグノーベル賞 認知科学賞 受賞)
中垣研究室のみなさま

協力
南方熊楠顕彰館
和歌山市・南方熊楠生誕150周年記念事業

生放送URL
【粘菌コンピュータ】人類はどのように世界に広がった?粘菌さんに教えてもらう生放送
http://live.nicovideo.jp/watch/lv298013685

提供元チャンネル

ニコニコニュースは、ニュースをきっかけにユーザーの皆さんとのコミュニケーションを楽しむことができるサービスです。

関連動画