『MATSUMOTO』から、宗教とのかかわり方を考える 『切通理作のせつないかもしれない』#157

投稿日時

再生数

171

コメント数

2

マイリスト数

0

エンターテイメント前日総合順位

圏外

動画説明

オウム真理教による「松本サリン事件」を、フランスの作家がバンド・デシネ作品として描いた『MATSUMOTO』の日本語版出版を受け、日本人と宗教の関係性、日常において、宗教とどのようにつきあっていったらいいのかというテーマに挑む。
…といっても決して肩肘張らず、実体験などに基づいて、あくまで実感のできる宗教観を考えていく。
幼少時にインドで過ごした衣緒菜さんが感じた、インドと日本の宗教に対する感覚の違いとは?
普通の宗教と、カルト宗教を見分けるポイントは?
などなど、身近に宗教を考えるきっかけになる話が続々!

提供元チャンネル

『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』 『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、 国家や社 会を議論す る全く新たな空間を生み出しています。毎月 開催されるその熱く、濃密な「ゴー宣道場」 の様子を 動画配信し 、さらに新しい言論人、新しい表現者を発見 して紹介しながら、この日本を覆う閉塞感を 打破しよ うという冒 険が開始されました!この動画チャンネルに 刮目せよ!!