2017年03月16日 15:34 投稿

『MATSUMOTO』から、宗教とのかかわり方を考える 『切通理作のせつないかもしれない』#157

29:26

  • 再生数:171
  • コメント数:2

動画の説明文:

オウム真理教による「松本サリン事件」を、フランスの作家がバンド・デシネ作品として描いた『MATSUMOTO』の日本語版出版を受け、日本人と宗教の関係性、日常において、宗教とどのようにつきあっていったらいいのかというテーマに挑む。
…といっても決して肩肘張らず、実体験などに基づいて、あくまで実感のできる宗教観を考えていく。
幼少時にインドで過ごした衣緒菜さんが感じた、インドと日本の宗教に対する感覚の違いとは?
普通の宗教と、カルト宗教を見分けるポイントは?
などなど、身近に宗教を考えるきっかけになる話が続々!

この動画は、以下のチャンネルが提供しています
ゴー宣ネット道場

『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』 『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、 国家や社 会を議論す...

この動画に関連した動画

48:51

2017年10月14日 投稿

「真の憲法改正とは何か?」1/4  第66回ゴー宣道場

再生:305
コメ:0

15:46

2017年10月10日 投稿

第66回ゴー宣道場 語らいタイム

再生:410
コメ:36

26:40

2017年10月19日 投稿

軍隊には鉄道マンがいた~鉄道連隊と泰緬鉄道 『笹幸恵の軍事トリビア』#15

再生:81
コメ:1

8:53

2017年10月18日 投稿

ご譲位に伴う儀式 『高森ウィンドウズ』#350

再生:84
コメ:7

関連コンテンツを検索