フランスで漫画化!松本サリン事件『MATSUMOTO』 『切通理作のせつないかもしれない』#156

関連タグ:                

再生数:509 / コメント数:12

コメントやフォローをしたい方は niconicoアカウント でログインしてください。

動画の説明文:

オウム真理教による「松本サリン事件」を、フランスの作家がバンド・デシネ作品として描いた『MATSUMOTO』。
その日本語版の巻末で作者のLF・ボレへのインタビューと解説を行った切通理作が、この本の成り立ち等について語る。
フランスでは日本に対する関心が高く、オウム真理教事件についても多くの報道があり、今でも人々の記憶に残っているという。そんな背景があって制作されたこの作品、日本の漫画とは違った、映画的な演出が目を引く。
粛々と事実を描写していく手法で、事件の深層までを浮かび上がらせようとするこの作品を通して、改めてオウム真理教事件とは何だったのかを考える。

この動画は、以下のチャンネルが提供しています
ゴー宣ネット道場

『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』 『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、 国家や社 会を議論す...

この動画に関連した動画

48:19

2017年06月21日 投稿

「公のために~生前退位と共謀罪~」1/4  第64回ゴー宣道場

再生:306
コメ:2

25:47

2017年06月14日 投稿

第64回ゴー宣道場 語らいタイム

再生:531
コメ:32

8:34

2017年06月15日 投稿

皇室と国民の区別 『高森ウィンドウズ』#337

再生:409
コメ:58

45:57

2017年06月21日 投稿

「公のために~生前退位と共謀罪~」2/4  第64回ゴー宣道場

再生:186
コメ:0

→全ての動画を見る(チャンネルページへ)