二・二六事件が遺したもの~軍部独裁の萌芽は「昭和維新」によって生まれた!? 『笹幸恵の軍事トリビア』#8

投稿日時

再生数

773

コメント数

37

マイリスト数

4

歴史前日総合順位

圏外過去最高51位

動画説明

昭和11年(1936)に起きたクーデター未遂「2・26事件」
何度となく映画・ドラマ・小説などに取り上げられてきた題材だが、発生から既に80年を越え、詳しく知らないという人も多くなったのでは。
今回は2・26事件とは何だったのか、まずその概要を説明し、事件が後の世に何を残したのかを明らかにする。
決起将校たちは、政治経済の混迷や農村地域の大飢饉に怒りを抱き、「尊皇討奸」「昭和遺臣」をスローガンに、国家改造を目指したが、その背景には陸軍内部の「皇道派」と「統制派」の対立があった。
そして、事件が鎮圧された後には、決起将校たちが予想もしていなかった状況が残された。その後、国の滅亡に結びついていく「軍の暴走」を許すことになった、2・26事件の「置き土産」とは?

提供元チャンネル

『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』 『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、 国家や社 会を議論す る全く新たな空間を生み出しています。毎月 開催されるその熱く、濃密な「ゴー宣道場」 の様子を 動画配信し 、さらに新しい言論人、新しい表現者を発見 して紹介しながら、この日本を覆う閉塞感を 打破しよ うという冒 険が開始されました!この動画チャンネルに 刮目せよ!!