【印象操作】本末転倒、TPPでの消費者利益と消費税の軽減税率議論[桜H27/11/4]

投稿日時

再生数

4,604

コメント数

343

マイリスト数

8

政治前日総合順位

圏外過去最高23位

動画説明

世界経済の4割を占める巨大な経済圏、そして参加すれば様々な「消費者利益」がもたらされる。そう報じられているTPPであるが、不十分な情報のため、新聞論調を裏付ける根拠に欠けると言わざるを得ない。また、デフレ脱却を掲げる日本に対し、低価格化の消費者利益がどれほどの意味が在るのかは疑問でもある。むしろ置き去りにされている「生産者利益」と「情報公開」、そして開かれた議論の下でTPPと国益を評価すべきであることを指摘しておくと共に、TPPでの消費者利益と同様に、日本経済にとってマイナス面ばかりが大きい、「軽減税率」議論の無意味さを訴えておきます。

※チャンネル桜では、自由且つ独立不羈の放送を守るため、『日本文化チャンネル桜二千人委員会』の会員を募集しております。以下のページでご案内申し上げておりますので、全国草莽の皆様のご理解、ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。
http://www.ch-sakura.jp/579.html

◆チャンネル桜公式HP
http://www.ch-sakura.jp/

提供元チャンネル

日本の歴史・伝統文化等の再検証を通じ、独 自の視点で日本の未来を考える番組をお送り しているチャンネルです。