米国NGO知財担当キリック氏が明かす「TPPと日本の薬価制度」

投稿日時

再生数

37

コメント数

0

マイリスト数

0

政治前日総合順位

圏外

動画説明

5月19日からTPP交渉に参加する12ヶ国の閣僚会合が開かれること
が発表された。全体会合としては、2月のシンガポールで開催され
て以来だ。

もっとも交渉が難航している分野の一つに知的財産権(IP)がある。
「知的財産権の条項、透明性の章のは、日本の特許、認証データに
関する法律の変更を求めるものです。さらに日本の薬価制度を著し
く弱体化させるものです」。
そう言うのは、知財分野に精通する米国NGO「パブリック・シチズ
ン」のキリック(Brucu Kilic)氏だ。キリック氏は2月のシンガポー
ル会合後に議員会館に招かれ、現在交渉中の知財、特に医療や薬価に
ついて議員たちを前に語っていた。

3ヶ月ぶりの全体会合が目前に迫るなか、これまでの会合がどんなもの
だったのかを振り返る意味も込めて、2月会合直後の学習会の模様を首
藤信彦元衆院議員の報告とともに音声配信する。

1,首藤信彦元衆院議員によるシンガポール会合の報告(22分まで)
2,キリック氏による知的財産権の問題(22分〜1時間11分)

※この番組は「THE JOURNAL@ニコニコ支局」の売上で運営されて
います。編集部メンバーの運営経費の支援として、会員加入(540円)
またはチケット購入(216pt)をご協力お願いしますm(_ _)m(会員
になるには携帯キャリア決済、カード決済が可能です。個別映像を視
聴する場合は、ニコニコ動画にログイン後、ニコニコポイント216ptに
て購入し御覧ください。ニコニコポイントは500円から購入可)

提供元チャンネル

あなたの知らないニュースがココにある。