【中森明夫×美甘子】龍馬の次は大杉栄 !? 史上最強の革命児を語る[サイゾートーク the TV]【サイゾーテレビ】

関連タグ:            

再生数:2,244 / コメント数:56

コメントやフォローをしたい方は niconicoアカウント でログインしてください。

動画の説明文:

“新人類の旗手”“ギョーカイの黒幕”として、「おたく」「チャイドル」などの言葉を生み出し、サブカルチャーを牽引してきた中森明夫氏が、50歳を迎え“仕掛け”てきたのが、「大杉栄」というアナーキスト。自身初の純文学小説『アナーキー・イン・ザ・JP』(新潮社)を通して、大杉の存在を知らしめたいという。そんな中森氏から、サイゾー編集長宛に「プロモーションに協力せよ」と厳命が下された。しかも「アイドル評論家として気になる、“歴ドル(歴史アイドル)”美甘子との対談がいい」と企画まで指定。ここでは言えない弱みを同氏に握られている編集長は、喜んで対談をセッティングしたのだった――。

●中森明夫(なかもり・あきお)1960年1月1日生まれ。作家、アイドル評論家。80年代前半から、サブカルチャーを牽引。著書に『アイドルにっぽん』(新潮社)、最新刊は純文学『アナーキー・イン・ザ・JP』(同)。

●美甘子(みかこ)1982年4月26日生まれ。歴ドル。『龍馬はなぜあんなにモテたのか』(KKベストブック)など、歴史関係の著書が3冊。『大沢悠里のゆうゆうワイド』(TBSラジオ)の木曜日レギュラー。